トータルデザインの取組み 〜デザイン&コンサルの仕事ロジック〜

8 Aug 2018

 

㈱GS-PRODUCTでは常に3つのロジックでトータルデザインに取り組み、お客様の発展そして価値を

 

上げる為のデザイン活動を行っています。

 

 

 

2018春 かながわデザイン機構主催のKDFデザインセミナーでもご紹介したうちのロジックについて

 

まとめてみました。

 

 

 

 

 

 

〜3つのロジック〜

 

 【1】 ”見える化”

 ・複雑なコトをシンプルにする。

 

 ・誰もが直観的に理解できる。

 

 ⇒迅速な判断、決裁につながる。

 

 

 

 

 

【2】〝省く” 

 ・見える化されたことで無駄を省ける。

 

 ・MTGの際、IDEAなどその場で描くのでその場で議論、方向性を定める。

  =時間を省く 

 

・デザイン&コンサルで通訳を介すことなく直接打合せで、時間と通訳費を省く。

  =コストを省く。 

 

 

クライアントの希望や形にしたいことなどその場でイメージを描き上げる。持ち帰らず、現場で

 

IDEAを共有すればよりスピーディーにデザインが仕上る。また3次元化も分業しないことで効率

 

化につながる。

 

 

 

 

【3】〝つなげる”

 ・見える化により、誰もが理解でき、ムダが省かれことでつながるメリットも分かりやすく、

 

  簡単になる。=つながるが容易になる。

 

 ・つなげるはIDEA出しでも重要ファクター。ヒラメキににつながる。新たな価値観がうまれる。

 

 

 

 

 

 

 

 

様々な無駄を省き、コストを抑え、効率を上げる。利益率を上げ、企業発展に貢献する。

 

デザイン業務から、コストダウンの改善活動、人材育成。アイデア出しや企画提案など、これらも

 

トータルデザインの相乗効果により更に価値を高めます。

 

 

 

 

 

講義でもこのロジックを活用。昨年は各学生がポートフォリオを制作。

 

出発点は「学生のなりたい夢を”見える化”」。

 

毎年、多くの学生がポートフォリオに強い関心を持っていたので、潜在的ニーズの高い講義テーマ

 

だったのだと思います。学生のモチベーションもとても高く、完成度の高いものになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

+三次元化の制作過程

 

 

 

 

今回のロジックも ”見える化” でピクトを三次元化。

 

イメージをスケッチし、モデリングそしてレンダリング。全然ダメでした。

 

今どき3D化は簡単になったんだけど、それなりにしか見えないんだよね、、、。

 

2次元の平面ピクトを厚くしただけでは、カルすぎる。

 

 

最後はまた試行錯誤の末、なんとか想い描いたモノに近づけてみた。

 

 

 

Please reload

News

6 Nov 2019

20 Oct 2019

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索